更年期・閉経後、LDLコレステロール値が高いときに気を付けること

今まで健康診断の結果は問題なかったのに、どうしちゃったんだろう…?
更年期には、健診結果も気になるところですね。
特に、コレステロールの値に変化がみられることが多いです。

更年期前後にLDLコレステロール値が上がるのは、ホルモンによる影響が大きい

コレステロール値は、健診結果の脂質代謝という項目にあるLDLコレステロールとHDLコレステロールという表記で分かります。
LDLコレステロールは悪玉、HDLコレステロールは善玉と覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

更年期には、LDLコレステロールが上がりやすい傾向にあります。特に閉経すると、顕著です。

反対に卵巣が元気に働いてせっせとホルモンをつくっている間は、コレステロール値は上がりにくいです。
というのも、卵巣では女性ホルモンをつくっていますが、その材料としてコレステロールが使われているからです。

更年期を迎えるころ、卵巣の働きはどんどん下がっていき、女性ホルモンもあまり作られなくなってきます
するとコレステロールが使われないため、余ってしまうということです。

イメージで言うと、使われないで余っているLDLはごみ、HDLはほうき。
ごみが増えるけど、ほうきが足りなくて、どんどんごみが溜まってしまう…という感じです。
※本来コレステロールはごみではありません

見過ごされてしまうこともあるけど、病気の可能性があることも


私は、更年期年齢2年目にLDLコレステロールが一気に増えたことがあります。
私の場合には、甲状腺機能が低下気味だったことが原因です。

同じタイミングで体重が増えたり、むくみが強くなったり、筋力低下を自覚したり…。
甲状腺機能低下症が頭をよぎりました。

そこで、病院に行き甲状腺のホルモン値を調べてもらうと軽度の異常(治療は必要ないレベル)が分かりました。
その後、ライフスタイルを見直したところ、翌年の検診でLDLコレステロール値は、元に戻っていました。※甲状腺疾患は甲状腺を触診、エコー検査、ホルモン値は血液検査をしてもらうと分かります

LDLコレステロール値が上がる原因の陰に病気が隠れている場合もあるので、合わせて知っておいていただければと思います。

女性ホルモンの一種、エストロゲンとは…?


エストロゲンとは、妊娠準備をするためのホルモン。卵巣は、妊娠に備えて、せっせとエストロゲンを作ってくれます。妊娠に適した期間(卵巣機能はおよそ40年間)が過ぎると悲しいかな、卵巣もその役割を終えます。

エストロゲンは別名 女性らしさを保つホルモン
なんとも神々しいです。

イメージは、エストロゲンが出ている間は、女性らしさ、つやつや、潤いがある感じ。これがなくなってくると、硬く、ゴワゴワ、スカスカになってしまう感じです。書いて泣きそうになりますが。


エストロゲンの主な働きを上げてみます。
●LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスを適正に保つ
●血管や関節を柔軟に保つコラーゲンの産生を促す
●骨を丈夫に保つ
●自律神経のバランスをとる
●脳の機能(記憶力)を保つ
その他

いやいや大事なことばかりじゃないですか!

更年期でエストロゲンが減るとこんなことになります

エストロゲンって、妊娠の為だけでなく、健康に保つためにどれだけ大事なことをしていてくれたのかと思うと、ありがたい臓器ですね。

エストロゲンが減ると”起こりやすい”ことを確認しておきましょう。
注:すべての人に当てはまるわけではありません
●LDLコレステロール値が上がる
●動脈硬化になる…つまり血圧も上がりやすくなる
●関節が痛くなる。動きがスムーズでなくなる。おそらく、「よっこらしょ」という言葉が増える。また、歩くのが面倒になり体重が増える。そうするとひざの負担が増えて、余計に歩けなくなってしまう
●骨が弱まる。自然に骨折などもあり得ますよね
●更年期の症状が強くなる
●ココロが不安定になる
●忘れっぽくなる
●やる気がなくなる
●創造性が減る
などなど

先程の、硬く、ゴワゴワ、スカスカする感じが伝わりましたでしょうか。
歳だから…は、エストロゲンがなくなったからとも言い換えられそうですね。

更年期以降、内側だけでなく、外側の変化も大きくなってしまうのは、残念ながらホルモンの影響が大きいです。

でも、ここであきらめたくない!という方はもう少し読み進めてください!
エストロゲンがなくなった状態に慣れてくれば、カラダやココロの状態が落ち着きます。
そこから、どのように自分のライフスタイルを送るか…。
それが、更年期以降快適に元気にすごくポイントになりますから。

閉経後は、女性らしさが失われやすくなります。

それを防ぐひとつの方法として、ピンクや女性らしい色の服を着たり、身の回りの物を華やかなものやかわいいものにしてみるというのはいかがでしょうか。
わたしも以前は着なかったピンクの服や明るい色の服を着るようにしています。(黒っぽい服が落ち着く日は、それはそれで着ますけど)
カラーセラピーでは、ピンクは女性ホルモンの象徴

本能的に自分に足りないものを求めている!カラダやココロは分かっていますね。身に着けるのに抵抗がある方は、ピンクの花を飾ったり…生の花でなくても写真を飾るだけでもあり!花柄のインテリアを取り入れるとかもOKです。

更年期にコレステロール値が高いとき、どうすればよい?

どのようなことを気を付けたらよいでしょう。
今回ご紹介するポイントは、甘い物の摂り方の工夫と睡眠について取り上げ上げます。

甘い物の食べ方を工夫してみる


LDLコレステロール値が高いとき、糖分をたくさん摂ると血管に負担をかけ、リスクを上げてしまいます。
と言いながら、私は甘い物好きです!でも、やたら食べてしまうと、すぐにカラダに現れてくれます(苦笑)
ですので、心掛けていることは…

  • 何気なくお菓子をつまむ➙食べるぞという時だけ食べる
  • もらったから食べる➙食べたいときまで取っておこう~♪
  • いつも目に付くところにお菓子がある➙お菓子は引き出しの中、大切にしまっておこう
  • 気づいたら口にしている➙いつも座っている席を見回して、食べ物がないようにしよ(^^
  • むしゃくしゃする、イライラするから、手持無沙汰で食べる➙白湯でも飲んで、深呼吸しよう~♪

このように無意識に食べる環境を手放すと、食べる量も減ってきます。決して甘い物がダメではないですよ。

睡眠の質を高める

更年期は睡眠の質が落ちやすいです。私も自覚しています。

質の良い眠りは、エストロゲンの不足を補う役割があるので、ぜひ眠りは大事にしたいですね!

今、眠りに課題があるなという方におすすめしたいのは、朝起きて太陽に向かって伸びをすること。
体内時計のリセットになり、夜の睡眠に良い効果をもたらすとか。
朝一番に前向きになり、ココロにもいい作用を感じられるはず♪

結局のところ一番大事な基本的なこと

ヒプノセラピー


それは、コレステロール値だけを下げようとするのではなく、食事・運動・ストレスケアなどトータルに生活習慣を見直すことです。

せっかくなので、カラダとココロをまるごとクリーニングしてしまいましょう!
つまり、ご自身に合ったライフスタイルにリニューアルするということです。

自分に合った楽な生活スタイルや考え方などを手に入れ、更年期以降にも潤いあるカラダとココロで過ごしていけたらステキですよね♪

ViViAMO では、あなたのカラダとココロのクリーニングを応援します!

カラダとココロをトータルにケアするViViAMO。ヒーリング・食養生・呼吸法の3つのアプローチでサポートします。

特にヒーリングを行うのが特徴です。
睡眠に課題がある方やストレスケアが必要な方は、ぜひご体感くださいね。

お手軽には、ViViAMOコミュニティ。
月1,000円で、ヒーリングが受けらえるというなんともお得なコミュニティです。
クーポンコードをご入力いただくと、初月無料で始められるので、お気軽にどうぞ。

根本的に改善したい方はぜひ更年期NAViをご覧ください。
特に、睡眠やココロを落ち着かせたいという方におすすめです!

更年期NAViは、無料お試しカウンセリングを行っております。
こちらもお気軽にご利用ください♪

いずれも各バナーをクリック!詳細は各ページをご覧ください。

今日もありがとうございました♪