腸は超大事!日本ならではの発酵食品がカラダとココロを楽にする!

麹を手作り!発酵食品を”食べる”から”作って食べる”へ

こんにちは。

食と癒しでカラダの内側からキレイに!鳴嶋廣美です。
ずっと以前から発酵食品が好きでした。

味噌汁が好き
甘酒が好き
漬物が好き

にごり酒、どぶろくが好き
酒粕は、そのまま食べる

これらはすべて、麹がベースになっています。

麴を作るのは職人さんしか出来ないと思い込んでいましたが、ある時、麹が自宅で作れることを知りました。

色々調べた結果、九州で教えてくれる先生の教室が、なんだか楽しそう。
半年悩んだ末に九州へ行き、麹造りはじめ発酵食品の勉強をしました。

はじめて麹が完成した時の感動は、今も忘れません。
モフモフした菌糸がびっちりと出来て、それはもう愛しい。

それを使って塩麴やらしょうゆ麹、その他諸々の発酵食品を作り方をマスターし、味噌造りをはじめ発酵料理の教室を行っております。(現在は不定期開催)

麴については、別のブログでも紹介しています。(更新していませんが…)

発酵食のある食卓 こちら

今こそ、腸内環境を見直すべきとき!

コロナによって、見直されているのが腸内環境改善化。

腸は免疫の要です。
そして、その腸は第二の脳とも呼ばれ、重要な働きをしています。

精神的に落ち込んでしまうとき、腸の状態が良くないことが多いのもそのためです。
緊張するとおなかが痛くなる。
便秘してしまう。
ストレスの影響をすごく受けやすいです。

わたしが以前に腸の調子が悪く、ひどい肌荒れをしていたころ、ココロも落ち込みがちでちで、一人で山に籠りたいと本気で思うほどでした。

カラダもココロも元気にするには、腸をいたわってあげることが大事ですね。

発酵食品は、麹の持つ有用菌がわたしたちの腸内環境改善化に役立ってくれるすばらしい食品です。

ただ、すでに腸の状態が悪化している場合には、さらに悪化してしまう場合がありますので、腸の状態をみて、適度に摂っていくようにしましょう。

腸の調子を良くするには、ヨーグルトが一番でしょ!?が大惨事に…

と、ずっと思ってかなりの量を食べていました。
しっかりとヨーグルトを食べているのに、便秘はしているし、肌荒れはしているし。

なぜ?

わたしの場合、乳製品の摂り過ぎがより体調を悪くしていたのに気づいたのは、だいぶ経ってから。

ヨーグルトは動物性の乳酸菌。
大腸にたどり着く前に、菌が死んでしまうんですね。

だからと言って、それが無駄かというとそういう訳ではないのですが、動物性だけではわたしの腸を正常に働かせることが出来なかったのです。

大腸まで菌が届くのは、植物性の乳酸菌。
植物のもつ力はすごいですね。
それが私たちのカラダにとてもいい役割をしてくれます。
身近なものだと、ぬか漬けとかみそとか…麹の働きによってできた食品です。

麹は肌をきれいにしてくれる効果もあり、麹造りの職人さんの手はきれいだと言われますよね。

昔、血だらけになるくらいの肌荒れを経験した私。
肌のキレイは腸のキレイと言われますが、それはすごく実感しています。
今、すごくきれいなわけではないけど、発酵食品のおかげか昔のような便秘や肌荒れはありません。

定番・素朴な和食を食べると自然と発酵食品が身近になる

麹を使った発酵食品は、素朴な和食を心がけると自然と摂れます。

例えば、朝食にごはんを主食とした場合。
おかずには、味噌汁…具には季節の野菜類。
ぬか漬け、納豆、のり。

和食は、噛むことにもつながるのでカラダが温まり、朝のエンジンがスムーズにかかります。
食物繊維も摂れる。
発酵食品も摂れる。

発酵教室で作った、麹が入ったぬか床を、継ぎ足しながら今でも使っています。
わたしの性格は、A型なのに、偽物?というくらい大雑把な性格ですが、ぬか床は何年も活躍してくれています。

定番は、やっぱりニンジンやキュウリ、大根。
カリカリポリポリ食べる、よく噛みます。
生野菜ですが、よく噛むことでカラダを冷えすぎないようにしているそうです。

発酵食が食卓にある。
それだけで、カラダの調子が変わってくるかもしれません。

発酵食品づくりは手作りするだけの価値がある

でも、発酵食品を摂り入れるのは大変なんじゃない??

たしかに面倒なイメージありますよね。
しかし、味噌汁は、昔でいうとインスタント食品的な扱い。
お湯に説いて飲めますから。

ただし、質の問題があります。

味噌なら何でもよいかというと、そうではなく、きちんと”発酵した”味噌でないと健康効果は薄れます。
それは、他の発酵食品も同じです。

なので、手作りがおすすめです。

発酵食品を使った料理は時間かかりそうだし、面倒そうだし…実は発酵食品を使うからこそ時短でカラダに優しい料理が作れるんですよ。
たしかに、味噌や塩麴など出来上がるまでに時間がかかるものもありま/すが、作ってしまえば、また作り慣れてしまえば、それほど大変ではありません。

むしろ、育てている喜びが楽しさとなり、癒しになっています。(わたしだけかな?)

ViViAMO会員様向けワークショップも行います(予定!)


わたしの体験している発酵食品づくりをご一緒に、楽しい♫癒される♪…を感じていただけたら嬉しいですので、
将来的には、味噌造りのワークショップなども行います!
ピンときた方はぜひ一緒に楽しみましょう。


カラダの内側からキレイに!

腸は超大事!日本ならではの発酵食品がカラダとココロを楽にする!