忙しい更年期世代のお弁当のおかず…大根の作り置きレシピ

大根が1本あったら何を作りますか?
おでん、大根サラダ、大根おろし、ぶり大根、味噌汁、浅漬けとか?

ご紹介するのは、香りの良いセロリも葉っぱごと、血を作るのを助ける人参と2種類の香味野菜を合わせたきんぴら風です。

大根でちょっと困るところは特有のにおいがあるところ。

お弁当に入れていって、ふたを開けた時いわゆる大根くさいことありますよね?
でもこれは、一緒に使う香味野菜のおかげで、においが気にならないので、お弁当にも使えます。

大根は消化を助けて気を降ろし、セロリは気を巡らせたり抑えたり、人参は血や潤いを補います。

更年期世代はもちろん、ストレス社会に生きる老若男女においしい食べるサプリとして。

もう一品欲しい時大根がハンパに残った時に、さっとできて重宝するレシピですよ。

大根のきんぴら風

●時間の目安:5分+加熱時間10分くらい

●材料:大根5㎝ セロリ2本 人参1/3本 ごま

●調味料:太白ゴマ油 砂糖 醤油 好みで七味唐辛子

●おすすめの季節:いつでも

●作り方

①大根とにんじんは短冊切り、セロリの茎は斜め薄切りにする(薄すぎない方がベター)。セロリの葉もざく切りにして使う。

②鍋に太白ゴマ油を大さじ1/2程度熱して、①を加えてしんなりするまで炒める。

③砂糖二つまみくらいと醤油大さじ1弱程度加え、水分を飛ばしながら調味料がなじむまで炒める。ごまを加えて火を止める。

ポイント

■セロリは葉も使える。芯の部分を購入すれば、柔らかいので捨てるところが少ない。

■太白ゴマ油の代わりにごま油でも。丸大豆しょうゆのコクとうま味を生かしたい。調味料のグレードを少し上げるだけで素材の味が生きるので、だし要らず砂糖は隠し味程度に。

■副菜、野菜、つくりおき、おつまみ、弁当、貧血、便秘、イライラ、気の巡り、肝鬱

薬膳的メモ~大根~ 消食 化痰 寛中 降気

生でも加熱しても、主役でも脇役でも、和洋中問わず使える庶民の味方。
ローカロリーで食べ応えもあるのがうれしい。
とはいえ、生をたくさん食べるとカラダを冷やすので、冷えやすい方、高齢者が量を食べる場合は加熱するのがベター。

薬膳的には、消化を助け、滞った水分を出し、気を降ろす。
涼性で、消化不良、口の渇き、喉の詰まった感じに良いとされる。
冬以外の大根は皮が固いので、厚めにむいて細切りにして干して、切り干し大根にしても。

合わせて読みたい

春に調子を崩してしまうという方におすすめ記事
不調の原因、食べ方・おすすめの食べ物をご紹介しています♪

こちら(更年期世代、春先のなんとなく不調の中医薬膳的改善ポイントはココ!)